友だち追加 高さ8,000mmの高速シートシャッターを4台設置 ~ 大手産業廃棄物処理企業 新設工場~ - 株式会社コアド楽昇門!
お客様の声

大型サイズの製造に対応できる高速シートシャッターが廃棄物の大型投入口より発生する粉塵や異臭の流出を防止!

2023年05月10日

高さ8,000mmの高速シートシャッターを4台設置 ~ 大手産業廃棄物処理企業 新設工場~ 自動復帰型 COAD-3 コアド-3

株式会社コアドは、高速シートシャッターの専門メーカーとして培ってきた経験と実績を活かし、独自の設計と技術力によりコアド独自の高速シートシャッターの製造を行っております。

その中でも高さ6,000mm以上の大型サイズの高速シートシャッターの製造に対応できるのが高速シートシャッター楽昇門の特徴でもあり強みでもあります。

高さ6,000mm以上の製造に対応できる中、高い密閉性と耐久性にも優れた構造も備えているため、今産業廃棄物処理工場で高速シートシャッター楽昇門の自動復帰型が注目を集めています。

今回は日本全国で産業廃棄物の収集運搬から中間処理、再資源化などのリサイクル、最終処分まで一貫して行っている大手産業廃棄物処理企業様よりご案件を頂き、2023年稼働予定の新設工場に高さ8,000mmの高速シートシャッターを4台設置させて頂きました。

こちらの新設工場では、廃棄物の投入口のサイズを8,000mmの大型に設計されており、廃棄物の投入時に発生する粉塵や異臭の流出対策が必要となることから、高速開閉かつ大型サイズの製作に対応できる高速シートシャッターの導入積極的にをご検討されていました。

高さ8,000mmともなると、金属製シャッターでは開閉の所要時間は2分以上もかかってしまい、粉塵や異臭の流出を防止できないため、地域の環境や地域住民に悪影響を与えてしまう可能性があります。

高速開閉かつ高い密閉性を持つ高速シートシャッターを廃棄物の投入口に設置することで、ピット口の開口時間を短縮することができるので、何十倍もの粉塵の流出を制御できる効果があります。

高速シートシャッターの設置後は高さ8,000mmの高速シートシャッターの使用に向けて、製品説明会を実施させて頂きました。

ジッパータイプで製作された自動復帰型の高い密閉構造、万が一の衝突などにより離脱してしまったシートが自動で復帰する構造を実際にシートを離脱させて説明させて頂きました。

今後の本格的な工場稼働に向けて、弊社高速シートシャッター楽昇門の使用効果をご発揮できることを心より願っております。

株式会社コアドは高速シートシャッターの専門メーカーとして、お客様のご要望にお応えできる高品質で高性能な製品をご提供させて頂きます。

↓ 高さ8,000mmの高速シートシャッターの開閉動作については、下記動画よりご確認下さい! ↓

設置場所:産業廃棄物の収集運搬、中間処理、無害化処理、リサイクル、最終処分まで一貫した環境関連企業グループ新設工場 (兵庫県三木市所在)
楽昇門モデル名:自動復帰型 COAD-3(コアド3) × 4台
設置時期:令和4年7月 (工場稼働:令和5年~)
サイズ:4,180 × 8,000(mm)

お客様の声一覧に戻る